BLOG

宮城県沖地震の発生頻度、意外に多い!?

おはようございます。
渡辺総合保険事務所の佐藤です。

昨夜、宮城県沖でマグニチュード5.8、最大震度5弱の地震が発生しました。
みなさま、被害はありませんでしたか?

2011年3月11日の大地震から2年が過ぎ、昨夜は比較的大きな地震でしたので驚かれた方はたくさんいらっしゃったのではないでしょうか。
大きな地震が久しぶりだった感もあり、いつ以来の地震だろうと「宮城県沖地震」でネット検索してみると、「宮城県沖を震源とする地震情報」というサイトがみつかりました。

天気.jp | 宮城県沖を震源とする地震情報

4月17日現在で、4月に入ってからの地震だけでも16回。
・・・意外に数多く地震が発生していることに驚きました。
まだまだ、余震は続いているようですね。

みなさま、地震保険のご準備はお済みでしょうか。

2011年度に火災保険を契約した人のうち、地震保険にも加入した人の割合を示す「付帯率」の全国平均が、東日本大震災の影響で調査開始以降、過去最高(53.7%)となる中、付帯率は震災被害の大きかった宮城(81.1%)がトップだそうです。宮城県民のみなさまの地震に対する意識の高さがみられますよね。

そんな中で、こんな記事も掲載されていましたので、ご紹介いたします。
(産経ニュースより抜粋)
———————————————————————
全国平均15・5%値上げ 地震保険、大震災後、初の改定

地震保険の保険料率を算出している損害保険料率算出機構は26日、住宅向け地震保険の基準料率を、全国平均で15・5%引き上げる内容の改定を金融庁に届け出たと発表した。
東日本大震災後、地震保険の保険料率を改定するのは初めて。早ければ平成26年7月にも適用する。

震災で保険金の支払いが急増し、将来の支払いに備える準備金が減少。制度を維持するには、料率を含め、より実態に合った見直しが必要と判断した。値上げの影響を抑えるため、耐震性能の高い建物の割引率は引き上げる。

今回の保険料改定には、甚大な被害が予想されている南海トラフ巨大地震の最新被害予測は反映されていない。このため今後、影響が詳細に織り込まれた場合、さらに保険料が値上がりする可能性がある。
———————————————————————
震災時には、たくさんの「ありがとう」と「加入していて良かった」の声を頂いた地震保険
値上がりは厳しい現実ですが、ひとりでも多くの方に加入していただきたい保険の一つでもあります。
もし、未加入の方がいらっしゃいましたら、いざという時のためにもご準備されてみてはいかがでしょうか。

(misa)

関連記事一覧

お問い合わせ

自分にピッタリの保険を教えてほしい。今の保険を見直したい。保険の事でお悩みならまずはお電話下さい。もちろん相談は無料です。

◆本社 (未来図cafe)
〒989-1225
宮城県柴田郡大河原町字広表29-14
(ユニクロ大河原店さんの裏手です)

0224-52-6818
月~金/9:00~18:30 土曜/9:00~17:30
e-mail/info@miriz.co.jp


◆仙台本店 (未来図ラウンジ)
〒980-0811
仙台市青葉区一番町2-1-2 NMF仙青葉通りビル8F

022-393-9650
月~金/9:00~17:30
e-mail/info@miriz.co.jp

LINEで友だち登録

Instagram

Something is wrong.
Instagram token error.

最近の記事

kaigai


SnapCrab_NoName_2016-8-19_22-42-7_No-00

リンク

logo-hokensodanmini

PAGE TOP