保険選びのコツ

公的保証の活用保証のモレ・ダブリ保証の優先順位

日本にお住まいの方は何らかの形で社会保険に加入されていますよね。
「健康保険」「雇用保険」「厚生年金」「国民年金」「労災保険」等々。

実はこれらの社会保険で保障(補償)される範囲をきちんと把握することで、生命保険、損害保険を無駄なく合理的に活用することができるのです。

公的補償で不足する分を、私的な補償で補う。

例えば生命保険の場合であれば、ご主人に万が一のことがあった場合、本来はご主人がもらうはずだった厚生年金をその遺族が受け取れるという「遺族年金制度」というものがあります。

≪ご参考≫
日本年金機構「年金の受給(遺族年金)」

例えば、会社員のご主人(30歳)、お子様2人(2歳、0歳)、奥様(27歳)の場合(※)今後20年間に受け取れる遺族年金の総額は、なんと31,198,400円にもなるのです。
(※夫の平均標準報酬月額を30万円、平成22年現在で試算しています)

遺族基礎年金 遺族厚生年金

もし、あなたが5000万円の保障が必要だとした場合、5000万円-31,198,400円=約2000万円の生命保険を準備すれば良いことになるのです。

これは、生命保険だけの話ではありません。以下の図をご覧下さい。
医療保険や所得補償保険は健康保険の上乗せ保障になるのです。

生命保険
医療保険
所得補償保険

また、仕事中や通勤途上のケガであれば、政府労災保険が適用され療養の給付や休業補償給付までカバーしてくれるのです。

≪ご参考≫
日本年金機構「年金の受給(遺族年金)」

※本記載は社会保障制度の概要を説明したものです。詳細につきましては、所轄の年金事務所等にご相談下さい。

保険はライフイベントごとに契約するケースが多い商品です。自動車を買ったので自動車保険、マイホームを購入した時に火災保険、結婚したのをきっかけに生命保険、などですね。

それぞれ契約する時点では、しっかり検討しているのですが、保険を複数加入するとどうしても避けられないのが「保障(補償)のモレ・ダブリ」です。

保障(補償)のモレ・ダブリ

特に傷害保険や医療保険、賠償責任保険ではダブリが発生するケースが多く、ムダな保険料を払う原因にもなっています。

この問題を解決するには、ご家族の必要な保障(補償)をグループごとに分類し、フィルターにかけ整理していく必要があります。ちょうど下記のようなイメージですね。

ご家族の必要な保障(補償)

リスクに備える商品は多種多様。もちろん、全てに対応できるのが理想なのですが、それでは雪だるま式に保険料コストが加算されてしまいます。

そこで、失敗しない損害保険・生命保険選びの最後にご検討いただきたいのが「保険加入の優先順位を決める」ということです。

保険加入の優先順位

上図で言えば、発生確率が高くて損害額の大きいものは第1順位、発生確率は低いものの損害額の大きいものが第2順位、損害額が小さく発生確率は高いものが第3順位、損害額も発生確率も低いものが第4順位になります。

損害額が大きいものとしては生命保険では死亡保険、損害保険では対人賠償保険や建物の火災保険などがこれにあたります。

それに比べて損害額が比較的小さいもの、例えばカメラの破損や数回程度の医療費などは保険で対応するより貯蓄で備える方がコスト的に安く済むこともあるのです。

お問い合わせ

自分にピッタリの保険を教えてほしい。今の保険を見直したい。保険の事でお悩みならまずはお電話下さい。もちろん相談は無料です。

0224-52-6818
月~金 9:00~18:30
土曜 9:00~17:30

Facebook

LINEで友だち登録

Instagram

Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.

最近の記事

会社概要

株式会社Miriz (未来図cafe)


〒989-1225
宮城県柴田郡大河原町字広表29-14(ユニクロ大河原店さんの裏手です)


営業時間/ 月~金曜 9:00~18:30 土曜日 9:00~17:30


TEL/ 0224-52-6818
FAX/ 0224-53-4620
e-mail/info@miriz.co.jp


side_topquality

専業代理店年間優績表彰制度12年連続入賞代理店
トップクオリティー代理店Ⅲ認定(2007年~継続認定)



メディア

リンク

logo-hokensodanmini

PAGE TOP