BLOG

ガンは家族の仕事も奪う?

ガンとなったら、ご家族の生活はどうなるのか?どう暮らしていくのでしょうか?

【がん患者、24%が退職 収入減少は45%】厚労省研究班(2012/08/01 朝日新聞 夕刊)

がんと診断された時に働いていた人のうち、自分の意思や会社からの指示などで24%が退職、45%は収入が減っていたことが、厚生労働省研究班の調査でわかった。

2011年12月~2012年2月、患者団体などに協力を依頼。
乳がんや悪性リンパ腫などを患った働き盛りの患者ら427人から得た回答を分析した。
その結果、診断後に24%が退職し、うち10%は再就職していなかった。

退職や異動した人に経緯を聞くと「自分の希望」52%、「会社側から指示され従った」40%だった。
収入が減った人は45%、世帯収入についても47%が減ったと答えた。また、がん患者の家族のうち28%が退職していた。

自由記述では「体調不良で退職せざるを得ず収入が絶たれた」「『通院のため遅刻する』と言うと叱られた」などの声。
働く世代のがん患者の治療と仕事の両立は大きな課題。
6月に閣議決定された国の「がん対策推進基本計画」にも、働く世代の支援充実が新たに盛り込まれた。
=========================================

ガンは身体だけでなく、仕事まで奪う病気です。

最近では、自転車界の英雄・アームストロング氏のニュースをよく見かけましたが、彼は25歳の若さでガン(精巣腫瘍・肺と脳にも転移)に罹患しています。
奇跡的に治療は成功しましたが、その時点ではロードレースチームから解雇されています。

以前、がん患者の方のセミナーで聞いた印象的な言葉があります。
「アクセサリー1つ我慢するお金で命が救える。だから、みんなに伝えて欲しい」

がん保険の大切さ、改めて感じる今日この頃です。

(misa)

関連記事一覧

お問い合わせ

自分にピッタリの保険を教えてほしい。今の保険を見直したい。保険の事でお悩みならまずはお電話下さい。もちろん相談は無料です。

◆本社 (未来図cafe)
〒989-1225
宮城県柴田郡大河原町字広表29-14
(ユニクロ大河原店さんの裏手です)

0224-52-6818
月~金/9:00~18:30 土曜/9:00~17:30
e-mail/info@miriz.co.jp


◆仙台本店 (未来図ラウンジ)
〒980-0811
仙台市青葉区一番町2-1-2 NMF仙青葉通りビル8F

022-393-9650
月~金/9:00~17:30
e-mail/info@miriz.co.jp

LINEで友だち登録

Instagram

Something is wrong.
Instagram token error.

最近の記事

kaigai


SnapCrab_NoName_2016-8-19_22-42-7_No-00

リンク

logo-hokensodanmini

PAGE TOP